投稿者: 宮田 恵

講演テーマ

最近は「フレイル」について解説する機会が多くなりました。

 

整形外科領域(運動器疾患)はロコモやフレイルといった状態の入り口であり、代謝臓器としての筋肉を維持していくことは内科的にも重要です。

 

大阪での介護食に関する講演では、肺炎であるとか、骨折であるとか、治療するごとに介護度が上昇していく中で、身体機能からフレイルを改善していく視点がなければ、健康寿命は延びません。

 

そのためには食事と運動とコミュニケーションが重要です。スマートエイジング倶楽部にて実践しているこの3本柱。身体計測は転倒しない身体づくりの指標になります。これは1111日開催の日本ノルディックウォーク学会で発表する予定です。

 

高齢者が学ぶ場である不来方大学院で1時間30分講演いたしました。

 

みやぎ食育アドバイザーとして、宮城県内の栄養士会の方に講演を行いました。アンチエイジングも最終的には何歳になっても自分の好きな場所に自由に移動できる身体づくり、ということが最終目標です。保育園から高齢者施設まで勤務する場所も色々な栄養士さん達には、今後、組織の枠を超えて社会に浸透し活躍してていくことを期待しています。

田野畑村のワカメ生産と加工の方々も高齢化がすすんでいて、労働力確保という点でもアンチエイジングは大事になります。11月6日に田野畑村でスマートエイジング倶楽部を開催します。

寒じめほうれん草と硝酸体窒素の勉強会

最近、硝酸体窒素のヒトへの影響の評価が変わってきました。野菜ソムリエ大阪支社で勉強会を開催します。

http://vf.way-nifty.com/vmc/2018/10/post-3cf9.html?fbclid=IwAR01IALlZmNjeU2sfzqbNTmlyi6ICroo7AOwbnVbNH0aZI-BqqB5_tUf0uI

奥中山高原で美食を楽しみ・ほうれん草の硝酸体窒素を学ぶ

岩手県は全国有数のほうれん草の産地です。久慈地区の寒じめほうれん草の機能性表示登録も佳境に入ってきました。寒じめほうれん草の時期にはまだ早いのですが、一般の方々に食を語る機会の多い方向けに学びの旅を準備しました。
自然環境に恵まれた晩秋の岩手県一戸町奥中山高原のほうれん草圃場を見学します。途中、カナン牧場のパン製造工場と、世界遺産登録を目指す縄文遺跡群のひとつ、御所野遺跡にも立ち寄る予定です。その後は奥中山高原で地元の食材をふんだんに使用したその日限りの特別ランチを頂きます(縄文ジェラート付き)。近年、硝酸体窒素に関する知見が変化しており(むしろ成人には健康上プラス)、野菜ソムリエのスキルアップのための特別講義も用意しています。盛岡集合8時半(集合場所は参加者にお知らせします)、県北や青森県から参加の方はIGR一戸駅集合でお願いします(駐車場もあります)。

スケジュール
8:30 盛岡駅出発(マイクロバス)
10:00 IGR一戸駅ピックアップ(車でお越しの方はこちらに集 合)⇒御所野遺跡見学⇒カナン牧場見学⇒ほうれん草圃場見学
12:30 奥中山高原着
昼食・講義・温泉(タオル持参でお願いします)
15:30 奥中山高原出発
I GR 16時07分下り
一戸に駐車している方はこちらの電車をご利用下さい。
(運賃自己負担)
17:00 盛岡駅着

参加費
盛岡駅からの往復交通費・昼食・温泉入浴料・御所野遺跡入場料込み 5500円(一戸駅から参加のかたも同額となります。
申し込み先:こちらの案内及び
岩手の食材で毎日キュイジーヌマンスール代表宮田恵
FAX  019-681-1800  メールinfo@iwate-minceur.com