お知らせ

野菜・果物ワールドで講演します。

野菜ソムリエアワード銅賞受賞しました。

https://www.vege-fru.com/contents/hp0054/index.php?CNo=54&No=224&fbclid=IwAR1-15ML2kB3TIG1YYDEexIV64jeUVB6Qyb968IIj34-6IkM5GqJWzTn9Mw

2019年度の野菜ソムリエアワードは動画でエントリー。2次審査では一般の方々の「いいね」が多いかどうかで決まります。2008年から取り組んで参りました「寒じめほうれん草」の産地支援。2019年7月30日に消費者庁の機能性食品に届け出が受理されまして、その内容で動画を制作しました。「野菜のチカラを医療に」銅賞を頂きました。

「寒じめほうれんそう」の生産販売等、実績検討会

「寒じめほうれんそう」の生産販売等、実績検討会開催要領

1.趣旨

久慈地方で生産される「寒じめほうれんそう」は、令和元年7月30日、消費者庁から機能性表示食品として届出を受理され、12月から「機能性表示食品」と表記し県内外に販売を開始した。

生鮮食品としては岩手県初の事例となる「機能性表示食品・寒じめほうれんそう」について、今年度の取り組み実績を検討し、次年度に向け生産者、関係者の情報交換を通して生産意欲向上と農業振興を図るとともに、県民の食生活と健康増進に寄与する。

2.開催日時 令和2年 2月25日(火) 13:15 ~ 15:30

3.場所   エスポワールいわて 3F特別ホール

  〒020-0021 岩手県盛岡市中央目1丁目1-38   TEL :019-623-6251 (代表)

4.内容   

報告1  「機能性表示食品・寒じめほうれんそう」の生産と販売経過について (15分)

新岩手農業協同組合 久慈営農経済センター

米穀園芸課長 澤 里 文 昭 氏

報告2  消費者から見た「機能性表示食品・寒じめほうれんそう」への期待  (15分)

いわて生活協同組合 商品部農産チーム

産直担当商務 小 岩 孝 之 氏

講演3  健康保持への「機能性表示食品・寒じめほうれんそう」の意義    (15分)

 医師・野菜ソムリエ上級プロ

 宮 田   恵 氏

報告4  「機能性表示食品・寒じめほうれんそう」の販売戦略と消費地の需要動向 (15分)

全国農業協同組合連合会 岩手県本部 園芸部

生産販売課長 米 倉 勇 二 氏

報告5  「岩手県野菜生産振興計画等方策について」           (15分)

岩手県農林水産部農産園芸課

園芸特産担当課長 高橋 真博 氏

総合検討 座長 新岩手農業協同組合 営農経済部長 月花 稔 氏

5.主催    公益財団法人岩手生物工学研究センター

        いわて農林水産物機能性活用研究会

        新岩手農業協同組合

6.参集範囲  農業者、農業団体、青果・食品事業者等、県関係機関、研究機関、大学等関係者        

7.参集人数  50名

8.参加申込  別紙申込書により、2月11日(火)までにメール、又はファクスで申し込む。

9.問合せ   公益財団法人岩手生物工学研究センター/いわて農林水産物機能性活用研究会事務局

          電話 0197-68-2911  FAX 0197-68-3881  E-mail k-shinohe@ibrc.or.jp