Blog

道の駅マルシェ支援活動

令和4年度復興支援事業に採択されました。道の駅たのはた生産組合マルシェ支援活動がテーマです。第一回目はコスモファーム代表取締中村敏樹先生の講義。「少量多品目栽培で儲かる農業」の著者でもあり、道の駅の仕事も多数依頼があるそうです。

会に先立ち田野畑村村長よりお言葉をいただきました。1日1000円の収入を2000円にしましょう。高齢化が進む生産者ではありますが、健康で意欲があればまだまだ稼げます。そして生きがいになります。

全国を飛び回り講演や道の駅などで指導を行う中村先生です。自社の畑で200種類の野菜を作り、市場流通なしで販売しています。日本の農業の85%は中山間地域の農家さん。高齢化も進んでいますが、この方々が農業を継続することが地域の活性化に繋がります。日本各地に道の駅・産直がありますが、賑わいはやはり産直の野菜・果物が豊富な場所。魅力ある商品を出荷するためにはどうしたら良いのか、たくさんの示唆を与えてもらいました。

次回は通称きのこ王子から「きのこ」についての講義を予定しています。採取の経験はあっても勘違い、間違いはゼロではありません。毎年キノコによる食中毒はあとを絶えません。出荷者や売り場担当者も知識が必須です。

大通り健康教室

盛岡の街で健康に食を楽しむ、をテーマに、食産業・薬剤師・管理栄養士・医師のチームで講演を行いました。

新型コロナの自粛で人々の健康状態は悪化、食文化も衰退し資本力のある飲食店だけが生き残った(かのうように見える)大通り。健康食と街歩きを楽しみ、人も経済も元気になることを提言しました。

私のほうから人生100年時代の運動器の健康を。

後半は症例を2つ。答えは一つではなく、どのようにアプローチするか皆さんで討論。

症例1:70代の女性、自粛生活ですっかりフレイルになってしまった方。

症例2:健診結果が受診するほどではないものの、食事や睡眠の状態を考慮すると、この先様々なリスクが見え隠れしています。労働力は日本経済の喫緊の課題。ここにアプローチしなくては日本の未来はありません。しかし行政の対応は的外れです。参加者のひとりとメールで意見交換。少子対策の本質まで話は進みました。

この4名のチームで今後も活動を継続します。

令和3年度子育て支援事業「人生100年時代の食育」イベント開催しました。

11月3日食育オンライン・イベントを開催しました。

ダイジェスト版はこちらです。

https://www.youtube.com/watch?v=G2_RPJ1TjNk

対象は地元小中学生、さらに生産者、医療職、村長など、各方面の方々に出席をお願いし、地元食材(ほぼ全て)を一流の料理人が目の前で仕上げた香り高い料理を頂き、「生産して食べて健康に、そして楽しく生きて行く」を共有できる様に構成にしました。

まずは医師・薬剤師・管理栄養士による食育講義動画を配信(この会に先立ち、テキストを作成し田野畑中学校全生徒(87名)に講義を行っています)。

講義内容は

人生100年を生き抜くための心と身体「準備は今から」

  • 地球上で生きていく事
  • 100年の間に心と身体はどのように変わるのだろう
  • 100年を生きていくために今から準備していくこと(血管を守る、骨と筋肉をそだてる、脳と感覚器を守る、腸を守り育てる)
  • 現代の食の問題点とその対策
  • 私たちの身体は何で出来ているのだろう

開催地岩手県田野畑村の紹介動画上映

その次、ロレオール田野畑からの配信。輸入ワカメ(中国産)と地元産養殖ワカメの食べ比べ、そして濃縮還元果汁と地元産山葡萄原液の飲み比べ。ワカメ博士と山葡萄生産者の先生方から生産の現状や品質の違いを講義していただき、私の方から地元で生産される食材の栄養・機能性が格段に豊富であることを解説しました。近隣の市町村の大きなスーパーで買い物をすると、遠くから運送費をかけて運ばれてくる野菜や、輸入物の魚、安いパック牛乳を選んでしまいがちだけれど、地元で揃う食材も沢山あり、そういった視点で食を考え選んで欲しい事を伝えました。海の環境変化と食資源の減少も深刻であり、これから生きていく社会で起こりうる問題点について、勉強したり、同世代で協力しあって生きて行って欲しいとお伝えしました。

 最後に田野畑村長にご挨拶を頂きました。

これまで高校生1000人、教職員、学校給食関係者、行政、一般の方々に食と健康の話を数多く講義してきました。しかし、それは食が豊富な現代が継続するという前提での食育がほとんど。高齢者には濃厚な医療が行われ、一方で充分な食を食べる事が出来ない子供たちもいます。社会の矛盾から目をそらしてはいけない。食の生産地である田野畑村において、「生産して食べて、そして健康に生きていく」事は当たり前の様に思われますが、地球環境はかなりのスピードで変化していますし、実際、食生産への影響も目に見えて出てきています。子供たちだけではなく大人たちも、残りの生きる時間を責任をもって生きて欲しいと考えています。